より良い職場環境のための、知識、洞察、リソースのシェア

“職場環境を快適にし仕事を効果的に進めるためには、チームワークが非常に重要な要素となります。メンバーの意識を同じ方向に向けることが非常に重要で、その中でそれぞれのメンバーが互いに力を出し合うことが効率的な仕事を進めることにつながります。しかし最近では、それぞれの人が自分の作業分担を確実にこなすことにとらわれすぎて、チームの中の他の人の仕事に関して無関心になってしまうという傾向が強くなっており、そのことが効率的な業務の遂行を妨げてしまう要因となっていることが少なくありません。

最近では、仕事を進めるにあたりプロジェクト管理の手法がよく利用されます。プロジェクト管理とはそれぞれの作業分担を明確にし、その作業の進捗を管理しながら責任を明確にすると言う方法ですが、これが予定通り仕事を進めるためには非常に効率的な方法と考えられているのです。スケジュールを明確にし、それぞれの作業分担を明確にすることで確実に予定通りに仕事を進めることができるのですが、問題が生じてしまうことも少なくありません。これはそれぞれの工程の管理が全てマネジメントを行うプロジェクトリーダーに委ねられてしまうと言うことです。効率的な方法ではありますが、プロジェクトリーダーの負担が非常に大きく、また万が一そのリーダーの舵取りがうまくいかなかった場合には、プロジェクト自体が破綻してしまうと言う危うい面を持っているのです。

大きなプロジェクトで確実に納期を守らなければいけない場合には、このプロジェクト間の方法は非常に有効ですが、その反面それぞれのメンバーが他のメンバーの仕事内容を把握しないままに仕事を進めてしまうというリスクを生じることも少なくありません。日常的な業務の中では様々な要因が発生する危険があり、また納期もそれほど厳しく設定されていない場合には相互にお互いの仕事に関する理解を深めることが非常に重要となるのです。お互いの知識や洞察をシェアすることで、自分1人では思いつかない様々なアイディアを思いつくことができ自分の業務に取り入れることができます。さらに業務リソースのシェアも非常に重要な項目で、自分1人では手に生えない仕事が発生した場合なども様々なリソースをシェアすることで効率的に業務を進めることができるのです。

職場でのチームワークは、プロジェクト管理が重視される現代の仕事の進め方では軽視されてしまうことも少なくありません。しかし、様々な要素が入り混じる日常業務の中では、お互いの業務を認識しながら協力し合うことができる体制を持つことが非常に重要なこととなっているのです。”