チームビルディングの概要

効果的なチームビルディングのあり方

チームビルディングとは簡単にいうと、その概要は個々人の能力やスキルを活用しながらチーム全員が一致団結して会社の目標を達成し、同時によりよい信頼関係に基づいたチームワークを構築していくあり方を指しています。一人一人が持っている能力やスキルには限界がありますが、他のチームのメンバーとのコラボレーションを図ることで個人では成し遂げられない高い目標の達成を可能にしてくれます。

従来の日本のチームではリーダーを一人決めると、そのリーダーはワンマンになりがちで何でもリーダーが決めてしまうことが多く、チームメンバーの意見が反映されず、しかもメンバー同士のコミュニケーションもうまくいかないことが少なくなかったです。更にリーダー一人に対しても負担が大きすぎました。チームビルディングとはそのような問題を解決するために最近多くの会社で取り入れられているシステムで、個人の能力アップはもちろん、組織の成長も可能にします。

チームビルディングとはその効果も期待でき、例えば一つの目標にチーム全体が取り組むので、目標が達成した場合はメンバーとして達成感やチームの連帯感が味わえます。このことでメンバーが仕事への自信がついてモチベーションも上がることにも繋がります。チームビルディングとはコミュニケーションスキルが向上するので、メンバー間の信頼関係が更に強くなり、通常業務の円滑化も図ることができます。

チームビルディングとはチームワークですから個々の能力以上のものが出せ、またいろいろな考え方やアイデアも集まってくることにより、新しいイノベーションの発掘にも繋がります。チームビルディングがしっかりと確立されている職場であれば、もし自分では問題解決できない場合も他のメンバーがサポートしてくれますから、難しい問題でも解決できることが多いです。