リモートワーク向けのチームビルディングゲーム

Home / チームビルディングの概要 / リモートワーク向けのチームビルディングゲーム

リモートワーク向けのチームビルディングゲーム

リモートワークで仕事をする方が増えている現在では、同じ会社に勤務する社員との連携や調和、コミュニケーションは希薄になりがちです。オンラインを活用して会議をすることは多いのですが、この段階では定例会議となり会社の社員をチームとして例えた場合、会議だけでは連帯感を感じ取ることは難しい傾向にあり、リモートワークを行う期間が長くなれば会議内容は効果的とは言えない状態に陥ります。そこで注目されていることがあり、チームビルディングゲームという方法があります。このチーム ビルディング ゲーム 簡単にリモートで自宅からできるものもあり、リモート コミュニケーション ゲーム やチーム ワーク ゲームと呼ばれることもあります。もちろんバーチャルでも行えるゲームも多数あります。

なぜ今 リモート コミュニケーション ゲーム が注目されてるの?

なぜチームビルディングが注目を浴びているかと言えば、社員が一致団結することを期待することや、各社員の持つ能力を引き出せること、楽しみながら全社員が目標に向かって仕事に励むことができることなどをあげられます。実際に行われている内容はボードゲームなどがあり、オンライン上で社員が揃って参加をすることで、自然とコミュニケーションを取ることができるメリットやボードゲームのルールを全員で遵守してプレイをすることで協調性を高めることにも貢献できます。クイズ形式のチーム ワーク ゲームも人気があり、問題を投げかける社員と回答する社員を予め決めておき、回答者はオンライン上でクイズの答えをボードなどに書き込んで見せあうことで正解を導き出すことができる方法です。

用いるクイズはレベルというものを準備する方法もあり、敢えて難題を問いかける方法で1人では正解を出せない場合でも、複数名の社員が回答を重ねることで最終的に問題をクリア出来た場合、いつの間にか連帯感を身に付けることに貢献します。既に有名なものではリモ謎という方法もあり、多数の参加者によって謎を解きながら脱出を成功させるという内容が採用されています。オンライン上でも簡単に実施することができ、チームの協力が求められる試練になることから最適な交流イベントにすることもできます。家宅捜索ゲームも人気が高く、リモートワークを行っている方には向いている性質があります。

家宅捜索ゲームはテーマを掲げる人物により、該当する物品を自宅内から探し出し、ウェブカメラで参加者に提示することを繰り返すことが流れです。テーマはアイデアによって無限に考えることができるので、テーマに対する提出物によっては参加者全員で笑いを共有することができ、敢えてユニークさを演出することも一つの方法です。コンセンサスゲームも該当しており、1つの難題となる物語を共有した上で、問題解決に向けて参加者一同が話し合いによって合意に至ることで善き達成感を共有できる方法です。

チーム ビルディング ゲーム 簡単おすすめゲーム5選

チームビルディングとは日本語に直すと「チームを構築する」になり、人を単に配置するだけではなく、個人の経験や能力を最大限に活して、目標達成できるチーム作りを行うことです。近年リモートワークが導入されている企業が増え、オンラインツールを活用しながらチームワークを高めることが求められています。またオンライン上でチーム ビルディング ゲーム 簡単に行えるメリットとして手間がかからないことや、パソコンやネット環境があれば無料ででも行うことが可能であるということです。ここでは社内研修に使用できる、おすすめのリモート コミュニケーション ゲームやチーム ワーク ゲームにを5つ紹介します。

リモ謎

「リモ謎」はオンラインで実施可能な謎解きゲームで、参加者は物語の登場人物になり切り、世界観に浸りながらメンバー全員で謎解きをしながら脱出をします。酸化する一人一人が自分に与えられた役割を認識してまっとうすることや、全員が脱出することを目標にして協力することの大切さ、意思の疎通はとても重要なことであることを学ぶことができます。

家宅捜索ゲーム

「家宅捜索ゲーム」は、家の中にあるものを使うことで与えられたお題をクリアーしていくゲームです。幹事は事前に「5文字の名前の食べ物」「黄色いもの」「スポーツに使う道具」など、いろんなお題を用意しておきます。参加者になった方はお題にあったものを自宅の中で探して行きます。チームを組んでチーム対抗戦にして進行すると、対抗意識が芽生え、さらにチームワークを高めることができると言えます。

謎Bako

「謎Bako」は、バーチャルな世界を自由に歩き回ることができるゲームです。バーチャルな世界の中ではカスタマイズできますが、謎を解くために多くの情報が必要で、そのためにはコミュニケーションが必要になります。出題される課題は会社関連のものを作成できることが特徴であり、参加することで組織強化に取り組むことで会社のビジョン浸透にも効果があると言えます。

おうち防災運動会

「おうち防災運動会」は、おうちにいながら防災に関して学べる リモート コミュニケーション ゲームです。ビデオチャットツールで防災に関する競技に出ることで防災の知識を学んで共有します。競技は5つに分かれて設計され、競技を楽しみながら知識やスキル、考え方を習得できる体験型の防災イベントとなり、防災について学びが定着しやすいと言われています。

コンセンサスゲーム

「コンセンサスゲーム」は与えられた課題をチーム全員が話し合い、コンセンサスを形成します。最初にゲームの最初に課題が与えられ、チーム内で話し合い、解答が出たらチーム別に発表して合意できたかどうかを確認します。オンラインでできるコンセンサスゲームに株式会社情熱Factoryが作成した「砂漠からの脱出」があります。