尊敬される良いリーダーの特徴や役割とは?

Home / チームビルディングの概要 / 尊敬される良いリーダーの特徴や役割とは?

尊敬される良いリーダーの特徴や役割とは?

会社や組織の中では、一般的にはリーダーと呼ばれるチームを引っ張る人物がいるでしょう。多くは責任者や管理者、幹事、戦略家と呼ばれることが多いですが、このような中で任されることになったけれどとも、なかなかうまくいかないと悩むケースは多いものです。実際にメンバーはどのような人物を求めているのか、またリーダー像の特徴、そしてその役割についてしっかりと把握しておくことが求められます。

敬される良いリーダーの特徴や役割とは?

リーダーの特徴や役割としては、まず第一に挙げられることに、チームの目標をメンバー間で共有することが挙げられます。これが最大の役割ともいえるものであり、メンバーがどこに進むべきなのかをはっきりと示すことが重要です。チームが達成しなければならない目標を設定した上で、その方向性を示し、これらを全てメンバーの間で共有します。目標達成のために意見を出し合う、またチーム全体で同じ目標に進むことが何よりも重要です。そのためにもメンバー個々の情報をしっかりと把握することが求められます。メンバーそれぞれには仕事観や価値観、キャリアプランなどが異なります。これらを一人一人把握することも重要な役割のひとつといえるでしょう。コミュニケーションを密に行った上で、それぞれの適性がどのようなことなのかを見極め、メンバーを配置していく必要があります。さらにはメンバーの模範となることも求められます。メンバーのモチベーションを高めるためにも、やはりリーダーが率先して模範にならなければなりません。口先だけではなく、その言葉に行動が伴い業務を実行することにより、メンバーの信頼を得ることにもつながります。リーダーの模範的な言動や実績が、メンバーの主体的な行動を促すということです。さらにはメンバーを育成することも求められます。メンバーの育成を心がける必要があり、それぞれのスキルを向上させるためにも、日々の業務内容を確認した上で、適切なアドバイスを行います。その他にも適切な研修を受けさせる、業務の難易度腰ずつあげるなどの働きかけも重要です。そして最後に環境の整備です。それぞれが働きやすい環境を整えることも役割の一つと言えるでしょう。自由に意見を言い合えるようなムードを作り、情報の共有をスムーズにできるように目を配ります。万が一問題がある場合には、人員の配置や決定プロセスなどを立て直す必要もあります。このようなことから、判断能力やコミュニケーション能力、責任感や誠実さ、また寛容性などが重要な要素と言えるでしょう。メンバーの意見を聞き入れて、状況の変化を受け入れるなど、チームワークを高め、柔軟な対応が求められます。