誰が対象となるか

チームビルディングは、主にビジネスの場でよく用いられる手法です。

その場合、会社組織の中で新入社員から管理職まですべての役職の人が対象となります。

新入社員、一般社員の場合

チームの中で働くことは、新入社員にとっては会社でのコミュニケーションや社会人としての基本姿勢を学ぶ良い機会となります。

勤続してきた一般社員や中堅社員にとっては、新入社員に手本を見せ、また自分自身もさらに上の役割を目指す、またはより重要な仕事内容を手がけるために自分を育てていくために重要な機会を得られます。

管理職の場合

管理職は部下と経営者との中継ぎとなる立場で、経営者が掲げる目標を理解し、それを現場レベルに落とし込みます。チームをまとめ、部下のモチベーションを上げながら指示、育成をすることが必要となります。