チームワーク:リーダーシップの例

“従業員のモチベーションアップのためには、リーダーの裁量が決め手になります。仕事環境の良し悪しはチームワークで決定することが少なくありません。周りを強力にけん引する存在は頼もしいですが、それが裏目に出てしまうことがあります。自分が結果を出すことがチームのモチベーションにつながると考えている人は少なくありませんが、仕事はひとりで行うものではありません。リーダーが無理をしすぎるとリーダー自身に負担がかかりますし、周りは甘えてしまう可能性があります。大切なのはチーム全体が自身の役割を明確に理解し、その上で業務に励むことにあります。

仕事はひとりでできるものではありません。特に連係プレーが必要になる業務であれば、いかにチームワークを健全化していくかが重要になるでしょう。人には誰しも得意分野もあれば苦手分野もあります。苦手を克服するという心構えは頼もしいですが、これが効率の悪さにつながるケースもあります。苦手なことは人に任せたほうが効率的に業務が進行することは少なくありません。仕事は根性で行うものではなく、全体のバランスが重要になるのです。チームのマネジメント役になるのがリーダーですが、同時に個々の能力を生かしてあげるのもリーダーです。

仕事環境を良好にするには人間関係もポイントになってきます。劣悪な人間関係の状況ではよい仕事はできません。精神状態が不安定になってしまえば、能力をフルに発揮するのは難しいでしょう。メリハリをつけて業務を進めることは大切ですが、同時に楽しめる雰囲気を作り出すのもリーダーの役目になります。大切なのは一人ひとりが適性を生かし、業務推進に貢献することです。仕事はチームワークが重要であり、自分だけが頑張ってもうまくはいきません。リーダー自身がここを認識することが重要になるわけです。

優れたリーダーシップを発揮するためには、周りから信頼されるリーダーになる必要があります。この人のために頑張りたいと思ってもらえる人物になることが重要です。部下が仕事のミスをしたときは、決して感情的になって怒ってはいけません。ただ部下のための思って叱ることは必要になってきます。怒るのと叱るのは意味が違ってきますので、両者の違いを意識してください。チームワークが良好になれば仕事環境も健全になり、人間関係が円滑になるでしょう。適度な緊張感を持ちながらも、みなが仲良く働ける環境が好ましいです。”