より良い職場環境のための創造性を考える

職場に在籍しているメンバーが一人一人高い能力を有している場合、より一層個々が働きやすい仕事環境にすればますます能力が向上し、企業全体のパフォーマンスの向上にも繋げられるようになります。仕事場というのは同じ会社に在籍しているという共通点はあるものの、これまでに個々が過ごしてきた環境などについては差異があるため、各々にとって公平性が感じられる仕事環境にする事が大切です。つまり、出勤してくる時間が遅くて遅刻をしている方が居たり残業を行っているのにも関わらず残業をした記録が残っていないという事は個々の不満の要因になりますし、結果的には職場全体の雰囲気が悪くなるきっかけにもなります。

個々の心情が悪くなると画期的なアイディアを生む創造性が低下してしまい、職場全体の雰囲気が悪くなると些細なやり取りでさえぎこちなくなり協力性が育まれなくなってしまいます。このように会社に出勤してくる時間が遅かったり、残業が記録されていない様子は事業に大きな影響を及ぼすほどの重大さではなかったとしても、結果的には全体のパフォーマンスや業績を低下させる要因になるので、より良い職場環境を構築するためには勤怠管理システムを導入すると良いです。

勤怠管理システムを導入すれば従業員の一人一人の様子が明瞭に記録されるようになるため公平性が増しますし、勤怠管理自体の負担も軽減させられるので担当者の負担が軽減されます。また、今日ではネットワークを利用して勤怠管理システムに記録されている情報が担当者以外の人々も自由に見られるようになっているため、全員からいつでも見られるようにしておく事で公平性が維持され仕事に全力投球できるようになります。

そして、人間は比較的高い集中力を有している方であったとしても、長い時間や長い期間にわたって同じ環境で過ごし続けていると柔軟に物事を考えられなくなり、新しいアイディアを生む事が難しくなります。そのため、オフィスなどで個々のデスクが固定化されているのならフリーアドレス制にしてデスクを固定化させない事によっていつも新鮮な気持ちで居られるようになり、次々と新しい考えが浮かびやすくさせられます。

フリーアドレス制を導入する時には開放的な席だけを用意するのではなく、一人きりで集中できる個室も合わせて作ったり小物入れを用意するとより良いです。さらに、オフィスの中に身体を動かす事ができるスペースや道具を用意したり、リモートワークがしやすい環境作りも行えばより一層協力性が高くて創造性が高い仕事環境が仕上がります。