チームコラボレーション:隠れた健康へのメリット

チームコラボレーションとは、仕事を円滑に進めるだけではなく隠れた健康へのメリットも非常に大きなものであると考えられています。様々な業務のスタイルを実際に働く人たちが働きやすいような環境にすることで、メンタル面での安定性と向上が期待できるほか、これにより仕事の効率が高まり一人ひとりの満足度が上がることになります。これがモチベーションの維持につながることで、精神的な安定を維持することができ健康面での影響も非常に良いものとなることがわかっているのです。

高度成長時代は社員に激務を強要する会社も非常に多く、そのため仕事の達成感を味わうことができずに体調を崩すと言う人も少なくありませんでした。これは単純に目標を非常に高く設定し、そのために必死で頑張ると言う所のみを評価してきたことに大きな要因があり、勤務環境が非常に劣悪なものとなっていたのです。それでも高度成長期は頑張れば頑張るほど成果がついてくると言う非常に豊かな時代でもありましたが、バブル崩壊以降なかなか成果を出すことができないと言う状況が続いており、その中で経費削減やリストラといった様々なマイナス面への恐れもある中でモチベーションを維持することは非常に難しいものとなっていました。

現代の仕事は、健康面と仕事の成果とのバランスをとりながら進めることが重要です。様々な面でチームワークが非常に重要となり、いろいろなアイディアを出しながらチームとして1つの目標を達成して行かなければなりません。そのためにはメンバーの1人でも体調を崩してしまうと様々な問題を生じることになり、そのためにモチベーションが低下しこれがメンバー全員に伝搬してしまいます。お互いがお互いをサポートするような体制を常に維持することがチームコラボレーションの中で最も重要なポイントであり、サポートしやすい環境を生み出すことも重要になっています。特にマネージャーはメンバー全員のメンタル面を常にチェックしながらその仕事のバランスをとることが重要となっており、さらに自分自身のメンタルも良い状態に維持しなければなりません。

チームコラボレーションの手法では目標をわかりやすくシンプルにすることと、様々なポイントでその達成度に関するチェックと軌道修正を確実に行うことが求められます。これらを適切に管理することでメンバー全員のモチベーションを維持することができるようになり、結果的にメンタル面も向上することが可能となります。